DIARY ダイアリー

2015

Jun

16

才能中毒

私は才能中毒だ。

 

私以外の人間はあまり見向きもしないけれど、私にとっては必要な才能。

 

その出会いが私を奮い立たせて来た。

けれど、やがて世間は皆、気がつく。その才能が実は世に出て当然の才能であることに。

 

チャンスを掴んだ才能は、私のもとから飛び立って行く。

 

 

人の才能を利用して、自分の作品を作ろうなんて、ふてえやつだ、というコンプレックスが、私の心の奥底にある。才能ってヤツは、私のそこをチクチクつつき、時にはグサリとナイフを突き立て、去って行く。

 

 

私にはわかっているの。つまり、ヤツらはただ、チャンスを掴みたいだけなのだ。

 

 

ナイフを突き立てられた私は、だらだらと血を流しながら旅を続け、やがてはまた、別の才能に出会う。    そしてまた、ナイフを突き立てられる。

 

 

あんた、Mか?????

 

そうよ、悪い??? プロデューサーなんて、そうでなければやってけないわ。

 

 

周りからみれば、いつも私は都合のいい人間でしかないだろう。

 

誰にもわからない空しさを抱えつつ、残された作品と向き合うことになる。

 

残していった作品と向き合うことは、空しさの中で自分の傷口に塩を塗りこむ作業だ。

 

果たしてこれでいいのか?

 

愛と憎しみが、私の中で渦巻いている。

 

私という人間は。